シロツメクサ

漢字・別名・流通名

白詰草(シロツメクサ)、クローバー

シロツメクサ1.jpg
「金田海岸近く(千葉県木更津市)」にて (2004.07.03 撮影)


学名 Trifolium repens
英名 White clover
科属名 マメ科 シャジクソウ属
性状 多年草
原産 ヨーロッパ
花言葉 約束、幸運


花期は4~10月で、白い花を密集して咲かせ球状の花序をつくります。

葉は3小葉からなる複葉ですが、稀に4小葉やそれ以上のものがあります。
特に4小葉のものは「四つ葉のクローバー」として珍重されます。
ちなみに、四つ葉のクローバーは、茎の先がふまれて分裂組織が
傷んだためにできた奇形だそぅです☆

江戸時代にオランダより輸入したギヤマングラスの梱包用に
この乾れ草が使われたので、詰草と呼ばれるようになった。

四つ葉のクローバーを押し花にしたり
花のついた茎を編み込み、花冠や首飾りを作って遊びます。


クローバーの仲間



写真

シロツメクサ2.jpg
(2007.06.23 撮影)


シロツメクサ3.jpg
「水元公園(東京都葛飾区)」にて (2012.06.16 撮影)


シロツメクサ4.jpg
「諏訪湖(長野県諏訪市)」にて (2013.06.10 撮影)


シロツメクサ5.jpg
「諏訪湖(長野県諏訪市)」にて (2013.06.10 撮影)


シロツメクサ6.jpg
「諏訪湖(長野県諏訪市)」にて (2013.06.10 撮影)


シロツメクサ7.jpg
(2017.04.28 撮影)



  • 最終更新:2017-04-28 17:30:59

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード