タピアン

漢字・別名・流通名

タピアン



タピアン1.jpg
(2006.04.29 撮影)


学名 Verbena × hybrida cv. Tapian
英名 Tapian
科属名 クマツヅラ科 バーベナ属
性状 多年草
原産 中南米
花言葉 魔力、魅惑する


サントリーがバーベナを品種改良し、開発した新品種です。

花期は4~11月で、花色は白、紫、赤、ピンク、青など多彩。
「カーペット咲き」や「こんもり咲き」などの種類があります。


種類

バーベナクマツヅラ科クマツヅラ属(バーベナ属)の総称です。
アメリカ大陸を中心としてヨーロッパ、アジアなどに約250種が分布します。
「一年草扱いタイプ」と「宿根草タイプ」の2つに分けられます。

一年草タイプ

本来、毎年花を咲かせる多年草ですが、耐寒性が弱く冬に枯れることが多いので、一年草として扱われるタイプです。春か秋にタネをまいて育てるのが一般的です。
南アメリカ原産の野生種がいくつか掛け合わさってできた園芸種。茎葉這うように伸びますが、先端は立ち上がります。

宿根草タイプ

耐寒性・耐暑性があり、性質も丈夫で毎年花を咲かせるタイプです。以下のような種があります。
ブラジル南部原産の強健種で葉が細かく切れ込みます。這うように伸び、茎の節々が地面に付くとそこからも根を出して広がっていきます。満開時は花のカーペットのようになります。
宿根バーベナとも呼ばれます。草丈は30cm-40cmで花は白、紫などがあります。
高性種、ヤナギハナガサ、サンジャク(三尺)バーベナとも呼ばれます。草丈が1m以上になる大型種です。茎を長く伸ばしてうえのほうで三又になり、その先端に小花をまとまって咲かせます。主な開花期は夏~秋、色は濃~淡紫、青など。非常に強健で、路傍で野生化しているものもよく見ます。
北アメリカ原産の高性種。花色は紅紫、白などで花はかたまって咲かず、穂状になります。

その他

テネラとヒブリダを掛け合わせた品種で茎は這うように伸びます。。花が大きくて色が豊富です。
園芸品種。深く切れ込んだ葉は宿根草タイプのテネラに似ています。


写真

タピアン2.jpg
(2006.04.29 撮影)


  • 最終更新:2015-04-15 15:06:03

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード