タンポポ

漢字・別名・流通名

蒲公英(タンポポ)



タンポポ8.jpg
(2009.04.12 撮影)


学名 Taraxacum platycarpum
英名 Dandelion
科属名 キク科 タンポポ属
性状 多年草
原産 日本
花言葉 真心の愛、愛の神託、別離


開花は3~5月頃で、黄色の花が咲きます。

カントウタンポポ、エゾタンポポ、セイヨウタンポポなどの種類もあります。
種子は綿毛が付いていて、フワフワと風に乗って飛んでゆきます。

若い葉は食用になり、おひたし、和え物、サラダなどに。
根は乾燥させて焙煎し、コーヒーとして飲用。

英名の「ダンデライオン」は、葉のギザギザがライオンの歯に似ているため付いた。


写真

タンポポ1.jpg
(2005.04.17 撮影)


タンポポ2.jpg
綿毛 (2006.04.26 撮影)


タンポポ3.jpg
シロタンポポ ?!


タンポポ4.jpg
(2006.04.26 撮影)


タンポポ5.jpg
(2006.04.26 撮影)


タンポポ6.jpg
(2007.04.20 撮影)


タンポポ7.jpg
綿毛 (2008.05.17 撮影)


タンポポ8.jpg
(2009.04.12 撮影)


タンポポ9.jpg
(2009.04.12 撮影)


タンポポ10.jpg
シロバナタンポポ 「権現堂(埼玉県幸手市)」にて (2013.03.29 撮影)



  • 最終更新:2013-12-31 23:10:35

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード