トマト

漢字・別名・流通名

トマト、赤茄子(アカナス)

トマト1.jpg
大玉トマト (2010.07.23 撮影)


学名 Lycopersicon esculentum
英名 Tomato
科属名 ナス科 トマト属
性状 一年草
原産 ペルー、エクアドル
花言葉 完成美


開花は5~8月で黄色い花を咲かせます。

花が終わると丸形の果実が成り、薄緑から赤へと熟してゆきます。
ミディトマトやミニトマトは品種も様々で赤、黄、オレンジ色の果実もあります。
果実は食用として利用される。緑黄色野菜の一種。

果実の大きさは、基準にばらつきはありますが
一般的に流通している重さ150g以上の大きめのものを「大玉トマト」
大玉トマトとミニトマトの間の40~150g程度のものを「中玉トマト(ミディトマト)」
3~4cmくらいで重さが20~30gほどの小さなものをミニトマト(プチトマト)と呼んでいます。

世界では、8,000種を超える品種があるとされ、
日本では120種を超えるトマトが品種登録されています。

フランスでは「愛のリンゴ」、イタリアやドイツでは「天国のリンゴ」と呼ばれています。


写真

トマト2.jpg
ミディトマト (2016.07.06 撮影)


トマト3.jpg
ミディトマト (2016.07.06 撮影)


トマト4.jpg
ミディトマト (2016.07.06 撮影)


トマト5.jpg
ミディトマト (2016.07.06 撮影)


トマト6.jpg
ミディトマト (2016.07.06 撮影)



  • 最終更新:2016-07-06 15:09:26

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード