トラデスカンティア・ゼブリナ

漢字・別名・流通名

トラデスカンティア・ゼブリナ、縞斑紫露草(シマフムラサキツユクサ)、博多柄草(ハカタガラグサ)

トラデスカンティア・ゼブリナ5.jpg
「川口グリーンセンター(埼玉県川口市)」にて (2016.10.14 撮影)


学名 Tradescantia zebrina
英名 Wandering jew zebrina
科属名 ツユクサ科 トラデスカンティア属
性状 常緑多年草
原産 メキシコ
花言葉 尊敬しているが恋愛でない


花期は夏で、3弁の紫色の小さな花を咲かせます。

中央と周辺に斑が入り、裏は暗紫色。
ミニ観葉や釣り鉢にして楽しみます。

シマ模様の葉がシマウマ(ゼブラ)に似ているためこの名前が付けられた。


写真

トラデスカンティア・ゼブリナ1.jpg
(2006.05.12 撮影)


トラデスカンティア・ゼブリナ2.jpg
(2006.05.12 撮影)


トラデスカンティア・ゼブリナ3.jpg
「川口グリーンセンター(埼玉県川口市)」にて (2016.10.14 撮影)


トラデスカンティア・ゼブリナ4.jpg
「川口グリーンセンター(埼玉県川口市)」にて (2016.10.14 撮影)


トラデスカンティア・ゼブリナ5.jpg
「川口グリーンセンター(埼玉県川口市)」にて (2016.10.14 撮影)


トラデスカンティア・ゼブリナ6.jpg
「川口グリーンセンター(埼玉県川口市)」にて (2016.10.14 撮影)


トラデスカンティア・ゼブリナ7.jpg
葉の裏 「川口グリーンセンター(埼玉県川口市)」にて (2016.10.14 撮影)

  • 最終更新:2016-10-17 21:51:55

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード