フラグミペディウム

漢字・別名・流通名

フラグミペディウム

フラグミペディウム1.jpg
「川口グリーンセンター(埼玉県川口市)」にて (2016.10.14 撮影)


学名 Phragmipedium
英名 Lady's slipper
科属名 ラン科 フラグミペディウム属
性状 常緑性、多年草
原産 中米~南米北部
花言葉 凛とした美しさ


中米から南米北部の1年を通して雨の多い地域を原産地とするため、水をたいへん好むランです。
岩肌や樹木などに張り付き着生するほか、地面に根を下ろし地生するものもあります。

花期は不定期咲き(種により異なる)で、葉の中央から花芽を伸ばし、大きな袋状の唇弁を持つ花を咲かせます。
側花弁は左右に大きく開き、唇弁は壷状か袋状。
花色は緑、紫、茶、ピンク、オレンジなど。

高さは30cm~1m。
株や花のサイズは種類により異なり、小型種~大型種まであります。
茎はごく短く、地上には葉だけが根出状に出る。

葉は細長く、表面に光沢を持ち、やや厚みがあります。
中央で葉を6~8枚、左右交互に出しながら広がる。


写真

フラグミペディウム2.jpg
「川口グリーンセンター(埼玉県川口市)」にて (2016.10.14 撮影)




  • 最終更新:2016-10-22 07:54:12

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード